おんなの人生まぜごはん

主婦、会社員、母、ただの30代の人間。混ぜご飯のような日々を細々と綴るブログです。

うちの息子とメディア事情

うちの息子も5歳。

 

元々自分にテレビを観る習慣が全くないのと

去年までは私も働いていて忙しかったせいもあって、

息子は今まであまりテレビを観ていなかった。

 

でもやっぱり戦隊もの仮面ライダー、特にウルトラマン

観たいよね~、分かる分かる。

特にウルトラマンは私も幼稚園児だったころ大好きだったらしく、

今でもウルトラマンの話するときは顔が輝いているよね、と夫に言われます笑

なので、録画で撮りためて保育園から帰ったら1日1話観ていいことにしています。

 

あとはゲームね。

息子はレゴが大好きなのですが、

レゴのゲームアプリをタブレットに入れて、

私の機嫌が良い時を伺って「じゃあ15分ね」とかみみっちいこと言われながら

せっせとアイテム集めに勤しむ日々。

(かわいそー)

と、夫がいるときにやらせてもらえるPS4

 

まぁ今どきフリック入力もできないようじゃ生きていけないし

ウルトラマン面白いから私も観たいし良いんですけど、

やっぱり親としてはある程度節度を持ってメディアには接して欲しい。

かといって親の気分で適当に規制するのも可哀そうだし、

せっかくだからなにかの学びの機会になったらいいなぁと思って。

新たなルールを策定しました。

それがこちら。じゃじゃん♪

 

f:id:orangejuice_alpaca:20190412131354j:plain

ウノのカードが3枚、3、0、0。

300分。

そう、これは彼が1週間に消費できるテレビ、ゲーム、タブレット時間の残数です。

現状、ざっと平日30分×5日で150分。

休日は30分を2本観てるから30分×2×2日で120分

で、まあタブレットとかでおまけ30分。

これを時間でまとめて、分配は好きに決めていいことにしてみました。

時間は驚くほどあっという間に経ってしまうという実感を得ることもできそうだし、

あわよくば引き算の練習にもなるかなー、なんて。。甘いかな。

私もいちいち聞かれるのめんどいしぃ、時間のこってるんだったらいいよーって

ニコニコしている方が楽だしぃ。

そして何よりも決まった条件の中で自分で自由に采配を決めるという経験を

積んで欲しいのです。。

ちなみに時間は残ったら繰り越せるシステムにしたので、

そういうの性格でそうなので楽しみです。

そのうち1.2倍速再生とかしだしたら面白いなぁ。まぁうまいことやりくりしてみてくれい。

また経過報告してみますね(^^♪

 

ちなみにこの台?は、こういうルールを作ろう!と言ったら

夫がすぐに「面白そうだねー♪」と言って

速攻で作ってくれました。感謝。

でもウノやるときどうすんねん。

 

今回のルール作りをしよう!というのの参考(というか完全マネ)

にした本は、また紹介します。

 

 

 

 

   

 

 

お兄ちゃん記念日

先日、娘がめでたく4ヶ月を迎えた。
4ヶ月というと、だいぶしっかりしてきて親の私達も彼女の存在に慣れ、リズムができあがってやっと人心地ついたという感じ。

ここらで何か区切りというか、思い出を作りたいなあと思っていだのだが、ふと、この4ヶ月の間、いちばん環境が激変して我慢と順応を強いられてきたのは息子だということに気がついた。
やれ赤ちゃんを踏んづけないように気をつけろ、赤ちゃんが入るから今すぐ風呂に入れ、赤ちゃんが泣いてるからちょっと待てetc...
具体的な赤ちゃん返りはなかったものの、ちょっとまばたきが激しくなったり、生まれて初めておねしょしたり、明らかにストレスかかってますぅ〜!という状態だった(今は落ち着いた)のに、一度も娘に暴言を吐いたり、文句を言ったりしてこなかった。
うぅ。。泣けるわー。

ので、ここは「お兄ちゃんありがとう」の気持ちを込めて、息子にプレゼントをすることにした。 
出勤前の夫と、とにかく彼の好きなものを集めた。

f:id:orangejuice_alpaca:20190313213144j:plain

うちはレゴっ子なので、テレビ放映が無くなってしまった今もせっせとYouTubeでニンジャゴーを見ている。
のでニンジャゴーグッズ(H&Mにあるって知らなくて感動下)と、ポケモンのぬいぐるみー♥
私が子供にゲームをやらせることにかなり後ろ向きなので、普段は彼のポケモン愛に超塩対応なのですが、とにかく喜んでほしくて。。

で、4ヶ月おつかれありがとさん的な手紙を添えて渡したところ、5歳らしいハニカミ系の喜び方をされましたが(でも毎日カメックスと寝てる)。それ以来、妹にさらに優しくというか、積極的に絡んでいくようになった気がする。う、嬉しい。
親のエゴだけど、息子は妹ができてとっても成長した。具体的に何がっていうのは難しいんだけども、なんというか子供側から大人側にきたというか、自分が成長してきているということに気づいたような感じがある。このままどんどん自立心を養っていってほしい。


息子には本当に感謝しているし、彼の寂しい気持ちを埋めるために頑張ってくれた夫や祖父母にも感謝。
ほんと、みんなが家族で良かったよ。うぉーん、と思った次第です。

上のお子さんにお礼してみるの、おすすめです。

子どもを育てる上で大切にしたいこと

子どもたちには3つ、こうなってほしいという理想がある。

 

でもよくよく考えてみたら、子どもにこうなってほしいというよりは、

自分がこうだったらいいのにな、という願望な気がする。

子どもを育てながら、自分のことを育てなおそう。

 

①自分は幸せになったり喜んだりする資格があると知っていてほしい。

子どもたちには幸せであって欲しい。

だけど私自身、幸せとはなんなのかよく分からなくなることが多かった。

自分には足りない部分ばかりで、そこを頑張って埋めていけばいつか

「幸せな自分」を達成できるものだと思っていた。

常に謎の焦燥感と罪悪感に駆り立てられていた。

なんかしなきゃ!もっと自分を向上させなきゃ!と。

常に今の自分は「幸せになるには力不足(なんのパワーだよ)」

と思っていた。

「今の自分で達成できそうな幸せな自分像」を追い求めてきたら、

気が付いたら全然違う場所にいた!みたいな。

そんでそんな自分にがっかりしてまた苦しむ。

最近になってようやく、お前よー頑張っていたよ。もう楽しくしていいんだよって

思えるようになってきた気がする。

 

 

でもそうではなくて、

どんな自分だって幸せや喜びを感じていいに決まっている。

既にあなたたちは、「幸せな気持ち」を味わうのに足りる素晴らしい存在なんだと

信じて欲しい。そのうえで、よっしゃ、俺はこれでいくわ!て確信を以て人生を駆け抜けて欲しい。生きてりゃ失敗するくらいするさ、くらいの気持ちでね。

 

 

②なるべく機嫌のよい人間でいる。

 

人はいつか死ぬし、生きているだけで苦しみや悲しみはたくさん降ってくる。

だからこそなるべく楽しい気持ちでいて欲しいし、

そのために自分の機嫌は自分でとれる人間になってほしい。

これができる人間は強いし、魅力的。

母ちゃんも頑張る。

 

③広い世界に泳ぎだしていってほしい。

 

もはや世界に壁はない。広い視野を持って、

広い世界に悠々と泳いでいって欲しい。

そのためならなんでもしてあげたい。

けど何をしたらいいのか、夫も私も考え中。

情報収集、実践の記録をつけたい。

 

以上、私が育児で大事にしたいことでした。

まぁ、子ども云々っていうか自分もね。

f:id:orangejuice_alpaca:20190308142139j:plain

この手で好きなものをつかみ取りなされ。

 

再出発

さて、そうこうしているうちに

 

息子が五歳になり、妊娠して娘が生まれて早4か月がたつころになってしまいました!!!!!!

 

なんてこった!!!

 

三日坊主ならぬ三日大僧正、

もはや三日菩薩の域に達しているんじゃないかと思う。

 

ブログを書くなんてとっくに諦めていたのだけど、

育休を貰っていることだし、

育児や家事、読書などいろいろ取り組んでいることがある。

 

なので、せっかくだから記録を残していきたいと思う。

 

改めて、

私は30代半ばの女性、会社員。

2018年11月に第二子出産につき、育休真っただ中。

2020年4月の復帰を予定している。今のところ。

2013年生まれの5歳の息子ともうすぐ4カ月の娘、

夫とごくごく普通の分譲マンションで暮らしている。

 

いわゆる今どきの首都圏に暮らす

女性のステレオタイプなのではないかと思う。

 

もし未来の小学生が「21世紀の日本の女性はどんな暮らしをしていたのか」という

自由研究をするならこのブログのコピペでいけちゃうような。

ありきたりだけど、それなりに色々あったり思ったりするような日常を、

残してみよう。

 

 

 

 

 

朝礼

今の職場には新卒からずっといるのだが、

配属初日にとても驚いたことがある。

 

ざっと70人くらいの人間が始業開始とともに

全員立ち上がり、朝礼が始まったのである。

朝礼くらいはどこの職場でもあるでしょうよとお思いだろうが、

私が驚いたのはそのあと。

朝礼当番さんが

「それでは今日の一言ですが・・・」

と、急にフリートークを始めたのである。

 

そう、私の職場の朝礼には「今日の一言コーナー」があり、

完全なフリーテーマで空気を読んだ時間内で

スピーチさせられるという習慣があるのだ。

(そして大抵は全く一言などではなく、

短くて二分間、私が聞いたなかで最長は15分という猛者もいた。)

最初のうちは

「もうすぐ朝礼だ・・・今日の一言どうしよう・・・」と

テーマに頭を悩ませたものだ。

しかし勤続年数を重ねてくるとそんな日々にもすっかり慣れ、

今では配属されたての新人さんや異動者が

わなわなしているのを見ると、ほっこりさせられる。

 

毎日毎日「今日の一言」を聞いてると

大抵の一言はある程度のパターンに分類される。

 

①アニバーサリー系

「今日は何の日か」や、季節柄のコネタ、行事の由来など。

大きく滑ってしまうことはないが、あまり感じられず、私は好まない。

②生活情報系

健康、グルメなど、聞いている人になんらかのメリットを与えようとする気遣いが感じられるジャンル。ただし、面白くない。

 

③日常系

失敗談などで笑いをとりに行くケースが多い。はまればどっかーんだが、大事故に発展してどっかーん、というかしーんとなってしまって喋り続けるのが辛くなってしまうリスクを孕んでいる。失敗を取り戻そうとするが状況はどんどん悪くなっていくばかりで巻き返せることは少ない。

 

④ビジネス系

リーダークラスの人が選ぶことが多いジャンル。

リーダークラスなだけに話が簡潔にまとまっていることが多い。

 

⑤相談系

これは最近確立されつつある新ジャンルで、

「花粉症を軽減するにはどうしたらいいですか?」などとオーディエンスに

アドバイスを募るという斬新なスタイルである。

 

有益な情報が得られることが多いらしい。

と、ここまで分類してみたが、

私、明日朝礼なんですよね、どうしよう困ったなんも思いつかない・・・。

逃げの①②か、自爆の③か。はたまた新規開拓の④⑤か。

 

みなさんも、あまりないかも知れませんがフリーテーマで

一人で語らなきゃいけない時は、上記の五つから

TPOとかやる気とかでジャンルを絞ってみてはいかがでしょうか。

 

この「いかがでしょうか」で締めるスタイルは、

弊社の「今日の一言」の定石のひとつである。

「読書の秋」ドラゴンボール

今週のお題「読書の秋」

昔から読もう読もうと思いながらスルーしてきたもの

それはドラゴンボール

 

夫にそれは常々言ってきたのですが、

そうしたらヤフオクで買ってくれました。

しかも紙で(笑)

全巻合わせて42巻!!2000円!!安い、そして意外と短い。

f:id:orangejuice_alpaca:20170924231102j:plain

現在やっと一回ベジータが逃げ帰ってそろそろフリーザが出てくるらしい

ところまで読みました。が、

敵強い!→負ける(死んだりする)→神様もしくは神様相当の存在のところへ行く

→修行!→なんか超強くなる→敵来る→圧勝(ブルマたちがドラゴンボール探しといてくれて生き返る)→強かったはずの敵がモブキャラ化する

→以下ループし、強さのインフレが続く。

というお決まりのパターンに、

正直、ちょっぴり、飽きてきた・・・。

あとクリリンヤムチャもどんどん強くなってるのに、

いつもちょっと足手まといでかわいそうかな。

まぁほとんどの人が上記の私の感想なんて、とっくの昔に通り過ぎてきたでしょうが、

そんなわけで秋の夜長、私、読書してます。

 

ていうか静止してる漫画を撮影しているだけなので、

なんでこんなにもブレているのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログで書きたいこと

今日からブログを始めました。

簡単に自己紹介すると、

 

30代既婚、4歳の息子と夫と三人暮らしです。

メーカーの社員で、主婦です。

ブログは細く長く、日々を綴っていきたいと思っています。

仕事のこと、育児のこと、趣味のこと、家のこと

とりとめない感じになってしまいそうですが、日記代わりに

使っていきます。